花田菜々子さんにあった話

昨日はお休みだったので、日比谷にあるHIIBIYACOTTAGEという東京宝塚劇場の真向かいにある日比谷シャンテ内にある本屋さんに行きました。

 

最近のストレス発散ルートは

1,カラオケをする

2.イセタンかKITTEに行く

3.HIBIYA COTTAGEに

 

この3つです笑

 

さて、この本屋さんの魅力はまた今度語ることとして私は今回素敵な出会いをしました。

その日イベントとして開催されていたのが、そのお店の店長の花田菜々子さんと京都についての本を書かれている丹所千佳さんのイベント。

お二人とお話をして、丹所さんにはオススメの京都のお店を紹介してもらい花田さんには京都についての本を勧めていただくというイベントです。

 

イベント自体は知っていたのですが、ただのトークショーだと思っていたので参加する気は無かったんですが、このお店が大好きなので本屋には行こうと思い、行きました。

 

お店についてそのイベントの様子をみると、トークショーではなくお話ししている。。。

それも花田さんと、そして京都のプロの方と。(丹所さん存じ上げなかったです。ごめんなさい)これ、絶対行くべきではないか?と思いスタッフさんに話しかけ、いってまいりました。

幸いにも最後で時間もそこまで気にすることなくお話をさせていただきました。

 

私のわがままな要求にも答えてくださって、イベント自体も楽しくホクホクと本も大量に買い、財布だけが悲しい状態で帰って姉にその出来事をお話したところ、、

 

話してたとき何も気づかなかったことに気づいたのです。

 

普通のことですよ。普通のことなんですが。

 

私が花田さんとお話ししたいという一心でスタッフさんにお声がけしたのは訳がありました。

それは巷で話題になっている、花田さんの著書

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと

これを一週間前ぐらいに購入をしており、読ませていただいていました。

この本は結構前から気になっていて、私の心の中に常にあった本だったのです。

 

そしてこの本を読み終わり花田さんの経歴をみるとなんと

HIBIYACOTTAGEの店長であると。、

私の大好きな書店の店長さん????なんたる偶然と思って感激したのが一週間弱前ぐらいでした。

 

そして、今回恐れ多くも花田さんとお話をさせていただき、私がしていたアクセサリーを褒めていただき、本まで進めていただきました。

 

その時はラッキーぐらいにしか思っていませんでした。花田さんとお話しさせてもらったーぐらいしか。

 

しかし、姉に事の顛末を話すと、私は確かに花田さんに本を進めていただいた。

と、いうことは私はこの本で花田さんがしていたことをしていただいたのだ。ということに気づきました。

 

なんという偶然、そして感動。

 

花田さんが本を進めた人の1人になれたのです。

私の大好きな書店で。

 

こんな嬉しいことはありませんでした。

 

人の縁というのは恐ろしいですね。ありがたく大切に忘れないようにしたいと思います。

 

最後に、HIBIYACOTTAGE本当にいい本屋さんです。できることならここでバイトをしたいぐらいです。

いつも私のストレスを受け止めていただきありがとうございます。

 

PS私が進めていただいた本の中で

New Kyoto 京都おしゃれローカルガイド (SPACE SHOWER BOOKs)

この季節がやってきました

 

この季節がやってきました。 

何が?

 

夏の終わりだから、台風?ゲリラ豪雨

 

いえいえ、#編集実践の季節です。

 

昨年ものすごい偶然でこのタグをtwitterで見つけました。

 

このタグは早稲田大学の文化構想学部の助教授、兼ライターのトミヤマユキコさんが早稲田大学で開いている演習の授業「編集実践」で生まれたZINE(自主制作の小冊子)を紹介するタグです。

 

学生の方が授業の一環として作ったZINEに人気投票をtwitterで教えてくださるという大判振る舞い。

 

本当に見ていて面白いし、どうしてこんな面白い発想ができるんだろうという思いと、私も作ってみたい、私も思いを詰めて、いろんな人に発信したいとこのZINEを見て思うのです。

今でもどうやって自分の思いを他人に届かせることができるのだろうか。と時々思いを馳せたり、自分でこの授業を受けたらどういうテーマでどういったデザインで作るんだろうかなんて妄想しながら思いをはせるレベル(笑)

もし、ものすごい傑作を作っていろんな人に褒められたい、そんな肥大した妄想までノンストップでただ流れてきます。

 

それくらい私にとっては去年から始まったのに大きな1年の行事なのです。

 

 

ただ去年はあまりに突然であったため夏にこのタグが出てきたという印象しかなく、7月あたりからずっとずっとこのタグをがトミヤマユキコさんから出てくるかそわそわしていました。

 

さて、今年の作品はどうなんでしょうか。

 

いろんなかたが様々な感想をツイッターで述べていらっしゃいますが、いまだにTwitterの速さについていけていない私。私はブログで言及させていただき、そして私なりの読みたいポイントを述べさせていただきたいと思います。

 

 

また、私は気まぐれな性格なので全ては言及はできません。

是非とも、すべて見たい方はトミヤマユキコさんのtwitterまで。

 

 

ぼっち好きにはたまらないZINE

それもチョイスが個人的にむちゃくちゃ面白い

 

・ディズニーランド←これはなんとなくみんなで行くものって理解できる

 

餃子の王将に行く←なんで?と思いましたが(あまり私が王将に縁がないためイメージが掴みにくいのです。ごめんなさい。が、確かに餃子って大人数でワイワイ食べるイメージがある)

どういった経緯でこの一人行動をチョイスしたのかがとっても気になります。

 

・大隈庭園で昼寝する←これに関しては2人でも難しいと思う(笑)

 

2

 

前回もいた何かについて、常人では考えられないほどの熱量で語ってくださるZINE

 

この授業は何かについて愛を語る授業なのかと思って、真面目に受けれるのなら受けてみたいと思った去年

 

今年は。ラブレターを書いてしまうほど愛しているものがあるっていいなぁって思います。そしてもっというと人がなかなか好きと言わないものに「好き」って言えるってかっこいいなぁと、思います。

 

人にはあまり理解されないものを持つって、なんか自分だけの秘密基地がある感じでキュンとします。

 

3

 

液体の写真(ドクン)

 

液体って一番みじかで一番神秘的だなと思っております。(このZINEを見たからっていう訳ではないですよ)

 

液体っていうカテゴリーって多分一生終わりがないくらいのテーマだと思うので是非ともこれを発展させて図鑑作ってください。私書います。個展開いてください。私行きます。ていうか何より売ってください。私買います。

 

液体の神秘性という話に戻ると、液体って状態が安定していないということを顕著にみることができるものだと思うので、常に変化し、瞬間瞬間で切り取られるものだと思うので、その液体を撮ったときの場所や、状態を記すっていうのが個人的にツボです。

 

個人的には草津温泉が好きです。

語彙力慢性的不足の私にはこの思いをどう表現していいかはわからないけど、このページを額に入れて飾りたいです。

 

4

 

これを見た瞬間、思いがふつふつとこみ上げてなんていえばいいか分からない衝動が湧き上がってきました。

 

どこかの雑誌を見ている、これはきっとpremiumかな?と思えるようなレイアウトとデザイン。

鞄の中身だけで筆者のいままでの経験がありありと見せられます。

 

どうして不利とも思える自分の置かれた状況(失敗談を多く書かれているので)が、視点の変化という魔法の金の粉をかけることでふっと軽くすることができるのかなと思います。

 

 

そしてこんなのを作りたかったという思いも少し。(この思いは完璧に私の自己満かつわがままです)

去年、私がこのタグを見つけて、ランキングを見たとき自分に置き換えたらどういうものを作ったかというのを考えたことがありました。

その中の視点の1つに発達障害というのがありました。(今回の場合はADHD)

 

私は幼少期にADHDアスペルガーかどっちか忘れましたが、発達障害の傾向があると診断をされ今でも感じることがあります。

 

だからもし自分が作るならこういうことをテーマにしたらいかなぁと思ったりもしたのです。

だから、こんなの作りたかったぁぁぁという思いが今頭の片隅にあります。

 

思い当たる節があったり、逆に悩んでいたことの解決に繋がりそうな方法が買いてあったり(特にダブルブッキングの女王、クリアファイルだとプリントがぐちゃぐちゃになる、目薬とリップクリームは気づいたらなくなってるは、むちゃくちゃわかるし、今度クリアファイルではなくクリアケース買って見ようかな)

 

そして何より、こんな風に自分と向かい合いたい。

 

発達障害は私の中で複雑です。

自分の中では認めたい、そして認めたくないという狭間で揺れています。

 

それは言い訳にしてしまいそう、でももし認めなかったら私の中でできないこと、できにくいこと(でも心の片隅ではどこかめんどくさいからやりたくないこと)は私の中でただやりたくないことに逃げている人になりそうで、そんな自分を認めたくないという思いがあります。もうそんなことを考えている時点で色々とダメな気がします。

 

だから、視点を変えてどうやったら生きやすくなるかということを考える。

 

そんな意味合いがある(であろう)このZINEには私にとって眩しく、とても眩しいのです。

 

 

こんな思いはこのZINEを作られた思いとは異なるかもしれないし、失礼な部分もあると思いますが、私は上記のような考えが巡ってきました。こんな思いがある私が本当に申し訳ないのですが、全部読んで見て見たいです。

 

 

 

以上が今回の#編集実践の私の感想です。

 

まず、トミヤマユキコさん。この毎年こんな素晴らしい授業を開講し、そして一般の私たちにも素晴らしい作品を見せていただき本当にありがとうございます。

また1年楽しく生きれそうです。

 

そしてこれらのZINEを作られた皆様。個人的な解釈で勝手な独り言を申し訳ありません。

どれも私の中ではいろんな感情が動いて、3日分頭が働いたような気がします。

どうしてでしょう。

素敵な作品を本当に本当にありがとうございます。

 

本当に勝手な意見を書いてしまい申し訳ありません。

 

 

さて、私がもし、ZINEを作ったら、、、、

・自分の承認欲求の満たし方

・いかにひざ下スカートが尊い

・田舎のイロハ

・宝塚娘役の素晴らしさ、女性アイドルの素晴らしさ、そしてその苦労について

・人とちがう人になる方法

・なぜか涙が出る瞬間のまとめ

・今までの#編集実践のまとめ←これ一番作りたい

 

なんか作りたいです。

 

なにせ飽きっぽい性分、かつ、とにかく人によく思われたい性格。

途中で先生に褒められたいの一身で作って私が一体何を目指しているかわからない、ただ褒められそうなポイントだけ詰め込んだZINEができる、、、もしこの授業が受けれるとしたらそんな未来が見えます。

 

それでも作って見たいです。

 

 

長い文にお付き合いくださいましてありがとうございます。

 

目下は今回1位を取られた方の冊子の自分バージョンを作ってみたいです。

 

#トミヤマユキコさん#編集実践

 

美しき一瞬

モーニング娘。

 

私は全盛期のモーニング娘。は全く知らず、昔のアイドル=モーニング娘。というイメージで最近までどちらかというと、というか嫌いだった。

 

テレビに出るモーニング娘。はぶりっ子だし、うるさいし、キャラが立ちすぎてるし…

おんなじ理由で日本のアイドルは嫌いだった。(その反動で私はK-POPがずっと好きだった)

 

康系のAKBとかは見ていたけどそれは主にMV。AKBはMVや衣装に力を入れているのもあってMVは見ていて楽しかったので覚えたが、モーニング娘。は独特の歌詞に独特の雰囲気、衣装も普通、MVも低予算でなんか好きになれなかった。

 

それが、だいぶ大人になったのか、趣味嗜好が変わったのか

 

何かのきっかけかは忘れたがもう一度モーニング娘。を見てみよう。

 

それもライブでと思い、安易に軽い気持ちで見たら

 

は???????なんでこの子たちここにいるの?と思えるクオリティーで

音楽で勝負しているというか、私の知ってるアイドルではなかった。

 

私はK-POPがずっと好きで、それも好きになった理由が強い眼差しを持った、前の記事でいうといわゆる「ドヤ顔」の表情が大好きだったからだ。

 

K-POPはMVでもライブでもそのドヤ顔を見せるのが上手だった。

 

 

 

モーニング娘。のライブの映像はその「ドヤ顔」の宝庫であり、かつ一瞬の刹那がある。

自信と強さと気高さと、熱さと。(時々熱すぎて火傷しそうになるけど)

その人が今持っている全てをぶつけてくる強さを画面越しで感じる。

MVでは感じ得ない、ライブでの一瞬。

 

それを感じることができる楽しさ、こみ上げてくる感情に虜になりっぱなしになった。

 

特に

モーニング娘。17のライブ「INSPIRATION」の冒頭のメドレーの表情。

特に生田衣梨奈様(もはや様をつけないといけないレベル)の美しすぎる一瞬に、言葉が出てこない。

え?こんなに美しい人いる?

そう思えるほど表情、眼差し

 

f:id:touasuabab:20180828110720p:plain

f:id:touasuabab:20180828110742p:plain

むちゃくちゃ一瞬なのでなかなかスクショするのがムッチャ難しかった

 

ハロプロ全体の感想としては頑張る、全力を出すことがこの世の正義と言わんばかりの熱量を常に感じる。

それが私はまだそんなに好きじゃない。

少し斜に構えてたりとか自然体でいる感じが好きだ。

常に頑張ってる姿を見ていると、マニュアルに書いているような行動に感じるのだ。

自分の意思ではなく、こうしろと言われているからやっている。(あくまで感想です)

 

だけど生田様の表情はアイドル生活をやってきて自分の持っているものを全てわかり、そしてそれをどう出したらいいかを自分なりに確立したような表情をする。

 

彼女にしか出せない、頑張っているではなく、きちんとやるのが当たり前、そしてその先と言わんばかりだ。

f:id:touasuabab:20180828111641p:plain

 

カッコ良い、かっこよすぎる。

 

私は、彼女たちの背景は知らない。

ここ数ヶ月分しかモーニング娘。は知らない。

 

背景を知っている人にはこの一瞬はまた違う感慨を抱くことだろう。

 

 

けれど、誰にでもこの表情に痺れるだろう。

そう思わせてくる。

 

要するに、ただただこのドヤ顔が好きだという話でした。

私のドヤ顔フェチはちょっと度がすぎるようなので、また女性アイドルのドヤ顔選手権をやりたいと思います。

 

皆さんの琴線に触れるようなドヤ顔はなんですか?ドヤ顔というか表情です。

いつか、美しき一瞬についてどなたかと語り合いたいです。

好きなもの4 「無塩せきハム」

こんばんは。

昨日は宝塚の娘役のドヤ顔の意義について延々と述べたあと、今日は箸休め。

今回は「ハム」です。

なぜかって?

 

今日美味しいハムを食べたからです。(単純)

 

美味しいハム?

こんなハム?

www.youtube.com

いえいえ、普通にスーパーで売ってるハムです。

 

f:id:touasuabab:20180827202026j:plain

こんなハムです。

 

そう、無塩せきハム

 

無塩せきハムとは発色剤が使われてられないハムのことです。

発色剤を使ってないのであのハム特有の赤い色がなく少しくすんだ色です。

あんまり日持ちもしません。

 

もともとこのハムは実家で出されていたハムです。

私は今一人暮らしをしているのですが

お金が限られるためハムなんかにはお金をかけたくないと思ってます(笑)

 

食費はなるべく抑えて、遊ぶお金に回したい、それが本音です。

ゆえに、今までハムは5枚入りの100円の安いのを使っていました。(このハムは250円ぐらい)

 

それを食べると美味しいは美味しいのですがなぜか家で食べていたハムとは味が違う。

理由はこのハムを買っていないからというのはわかっていましたが、2倍以上するハムを買うのに抵抗がありました。

 

しかし、久々意を決して買って食べてみたら…

 

なんだ、味全然違うじゃん!ムッチャ美味しい!

 

もちろん母親が出していたハムということで慣れている味だとは思うのですが、それでもやっぱり美味しいなぁと思ったわけです。

 

美味しいものを食べることの幸せを感じた「ハム」でした。

 

こんな小話にお付き合いありがとうございます。

 

では、ここで。

 

 

好きなもの3 「怒りのロケット」での振り返った愛希れいかのドヤ顔 〜月組「BADDY」より〜

なんとどんな気が向いたのか第三弾まで来ました。

 

既にネタを探している感が激しいのですが、ぼちぼち更新してこうと思います。

よく考えたら毎日心動かされる感動に出会えるわけはないのです(笑)

 

この企画は本当に書きたい!!!と思う時の私のプラットホームみたいなところにしたいです。

 

ですが、書き始めたからには止められない。

 

今回は宝塚です。

舞台です。

舞台は高確率で語彙を失くす感動が身を焦がすことが多々ありますが、今回はその中の1つである2018年に上演された月組「BADDY」の中からこのワンシーンを選びました。

f:id:touasuabab:20180826005551j:plain

この作品自体が好きなものに入るのですが、私の文章力ではこの壮大なショーを書ききる力はございませぬ。ということで今回のテーマを愛希れいかのドヤ顔です。

 

ドヤ顔

 

ドヤ顔とは、その瞬間のために心を高め、思いをためて、そして一気に開花するという顔です。

その顔が私たちの心を掴まないわけがありません。

だってそのつもりでドヤ顔してるんですから。

 

そしてこの顔はその人から強い意志を発する時に発生します。

つまり、ドヤ顔=強さの最高潮なわけです。

ドヤ顔こそが強さを具現化する一番の表現だと思います。

 

ながながと説明しましたがこのドヤ顔こそ私の大好物、そして今までも多々私を喜ばせていただきました。心を鷲掴みにしていただきました。(基本女子のドヤ顔限定)

 

今回は宝塚の娘役の「ドヤ顔」

構造上仕方ないとはいえ、普段は蝶よ花よという箱入り娘のように、そして意志のなさこそが娘役だとされており、女性限定の劇団ながら完璧な男尊女卑世界の中を生きている娘役は(言い過ぎです。ごめんなさい、もちろんデフォルメです)舞台で意志の強さを持った怒りのドヤ顔をすることがあまりありません。

その中で、娘役の新たな道を広げていった愛希れいかがこの強さの「ドヤ顔」を発するには気持ちを高めてためるどころではありません。

娘役の歴史までも抱えての一瞬なのではないかと。そう感じました。

 

彼女は怒っている。そして生きている。

 

歌詞にあるドンピシャな表情をドヤ顔として表現してくれました。

役の思いを吐露した、物語のストーリーと、歌詞の意味とがっちりあった上でのドヤ顔こそが愛希れいかの凄さなのではと評論ぽく勝手に考えていました。

 

宝塚という特殊な世界にフェミニズムの視点で論じるのは批判を招くことも多いでしょう。特にこの作品の演出家である上田久美子氏はその視点をいくばくか意識して書いている作品が多いのではないかと思うことがあります。その中でまたこのようにフェミニズムの視点はうんざりするのではないかと思いましたが、ここは私の思いのたけを叫ぶ場所でありますので、書かせていただきました。

 

こんな作品も一個ぐらいあってもいいじゃない。

 

ありがとうございます。

愛希れいか様

月組

上田久美子様。

宝塚歌劇団様。

 

この一瞬で私の血潮が駆け巡りました。

 

真夜中のテンションで失礼しました。今日はこの辺で失礼します。


PS 宝塚での娘役の論理はかなり偏っており、かつ、偏見に満ちた意見でありますのであまりまにうけずにお願いいたします。

好きなもの2 『プロちち』

心が動いた時に、書く好きなものシリーズ。

シリーズ化に成功しました(笑)

 

このシリーズは自分の好きなものをただ語るというシリーズです。

、本でも、文房具でも、場所でも、瞬間でも、人でもただそのものの好きなものを書くというシリーズです。

 

第一回は、Ashfordのシステム手帳を紹介しました。

 

今回は本。

 

それも漫画です。

 

逢坂みえこさんの『プロちち』

 

 

 

 

アスペルガーを抱えるお父さんが、主夫として育児をする、そして成長していくというストーリーです。

 

この本のとにかく好きなところ。

 

それは赤ちゃんの絵がかわいい。可愛すぎる。

子供が欲しい願望がなかった私がなぜか子供欲しいと思ったほどです(苦笑)

 

1つ1つの愛くるしい表情や、冒頭のシーンでミルクを飲むシーンとか可愛すぎて、もうもうもう悶絶でした。

 

 

赤ちゃん特有のあの丸みを帯びたフォルム、困惑した表情、そして絵の構成?というか細かいところまで手が届いている絵。

f:id:touasuabab:20180824112252j:plain

 

逢坂みえこさんは私は恥ずかしながら存じ上げなかったのですが、これは私の中の好きな作者さんなのでは…と心の中で思ってます。

 

ですが、赤ちゃんの絵がえげつなくかわいいだけではないんです。

というか、こっちがメインです。

 

そうアスペルガーをもつお父さんが、成長していくストーリーがメインで赤ちゃんは媒体になっているのでは?と思います。

 

私もグレーゾーンではありますがその傾向があると昔から言われていました。

だから、なんとなく主人公のお父さんに感情移入するシーンがあるし、心がえぐられることも多々あります。

例えば、ストレスがあると髪の毛を大量に抜いてしまうこと。

あまり、人の感情が読めないこと。

 

私の母親がそのことに気づいてくれて、教えてくれました。

これは、漫画の主人公とそのお母さんとは違います。

そのことは私にとってすごく幸運だったと思います。

 

ただ、私は今でも発達障害と言っていいのだろうか、ただ怠けているだけなのではないのかという疑問は常に立ち回ります。

ただ性格が悪いだけじゃないのか、ただ面倒くさがりなだけでないのか。

それをそういう障害という一言で片付けていていいのか。

今でこそその障害は社会的認知度がだいぶ上がりましたが、それをいうことは大きな勇気がいるし、それを言って理解してくれた子って1人ぐらいだと思います。

 

そんな現状の私にとってこの本はホッとしたのでは?と思った方がここまで読んで思った方が多いと思います。

 

でも、この本は私にとって辛い部分も多いです。

このお父さんの症状は私とは違う部分が多いです。

あんなに、しっかりしてないし、完璧にやる方が私は苦になります。

要するに、人によってかなり症状が違うのでやっぱり自分がただダメなだけなんだと思うわけです。

 

ただ、みんなに当てはまる話なんて無理な話です。

 

 

逢坂さんの漫画を読んで心がえぐられ、でも、それはいいえぐられ方というか、自分にとっていいえぐられ方なのです。

 

そんな本です。

人の心をえぐる本なのです。

 

 

好きなもの 「Ashford ドローイング A5 32mm」

百貨店は好きですか。

 

お久しぶりですか。久しぶりに余裕が出来たので、自分のお気に入り、また、心を動かされたものを書こうかなと思います。

 

普段みなさんは休日何をしますか。

 

私は充実した休日を過ごさねばと予定だけ詰めて満足して、絶対に遂行できず最後はふてくされて寝るのが、オチです。

 

さて、そんな私が好きな過ごし方。

それはお気に入りの百貨店で自分が心から欲しいというものに出会うこと。

 

先日、伊勢丹新宿本店に行ってきました。

私は伊勢丹が大好きなんですが、それを語り始めたら終わらないのでまた別の機会に…

 

特に私は伊勢丹の5階、雑貨や文房具、日用品?などの普通に買えば単価が高くないものが、伊勢丹価格の品が並んでる階が好きなのです。

他のフロアは本当に手が出ないものばかり、でも5階は手が出る値段なのです(やすいというわけではなく、その品物自体の平均値段が安い)

 

そんな中で見つけたのが、「Ashford」さんのシステム手帳。

皮のカバーついておりその深みのある赤が虜になりました。

 

いつかこんな手帳が似合う女性になりたいと心から思いました。

f:id:touasuabab:20180823214943p:plain

実際見てみると、皮の硬さがちょうど良いのです。

安っぽくなく、しっとりしている感じ。

とてもシンプルですが、その分実力が出る一品です。

 

f:id:touasuabab:20180823215405p:plain

 

中身はこんな感じ。

実際見てみるのが一番です。

 

そしてAshfordのブランドの説明はこんな感じです。

f:id:touasuabab:20180823215454p:plain

小難しいことが書いてありますが、まとめると

・日本のブランド

・革の手帳が最初

・1986年創業と思ったより(自分比較)新しいブランド

 

ということです。

 

もってみた形、質感、まるで自分の好みを全て知っていたような品物に会うと心がざわざわして、何にも変えられない幸福感に出会う時があります。

 

だから休日買えもしない品を見つけてはホクホクしています。

全部は手に入りません。

でも、いつか自分の手にのせたいなぁと思っています。

 

赤っていいですね。

 

ちなみに、私は手帳に書くくせがついたことがなく、そろそろつけたいなぁと思っています。

 

引用

https://www.ashford-style.com